堂場瞬一
著者のコラム一覧
堂場瞬一作家

1963年、茨城県生まれ。2000年「8年」で第13回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズ、「焦土の刑事」「動乱の刑事」「沃野の刑事」など多数。2021年、作家デビュー20周年を迎え、出版社を横断したプロジェクトが進行中。

<26>“戦線”の実態は公安も掴めていない

公開日: 更新日:
イラスト・宮坂猛

 ダミーという言葉に、海老沢は敏感に反応した。

「つまり、本当の狙いは別のところにあるわけか」

「ダミーというのは、普通はそういう意味だな」三澤が馬鹿にしたように鼻を鳴らした。

「本当の狙い…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  5. 5

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る

人気キーワード