なすび 「電波少年」の懸賞生活でブレークして人間不信に

公開日: 更新日:

―1999年3月―

「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続ける姿を放送した日本テレビ「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的懸賞生活」。挑戦させられたタレントのなすびはその独特の風貌もあり、一躍人気者になった。しかし、企画終了後、番組によって植え付けられた強烈なイメージと自らの目指す方向性とのギャップに悩んだ。

 1998年1月、若手芸人を集めて行われたくじ引きで、当たりを引いたなすび(当時22)は目的も知らされないまま、アイマスク、ヘッドホン着用でワンルームのアパートに移動、衣服をすべて脱ぐよう指示された。そして懸賞雑誌とハガキが渡され、当選金額が100万円相当に達するまで、懸賞だけで生活することになった。

 立案、演出は大陸横断ヒッチハイクシリーズなども手掛けた土屋敏男プロデューサー。この企画では外部との接触を徹底的に遮断し、なすびは状況が分からないまま、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続けることになった。公正を期すため、非公開の本名で懸賞に応募し、アパートの場所も秘密にされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る