なすび 「電波少年」の懸賞生活でブレークして人間不信に

公開日:  更新日:

―1999年3月―

「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続ける姿を放送した日本テレビ「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的懸賞生活」。挑戦させられたタレントのなすびはその独特の風貌もあり、一躍人気者になった。しかし、企画終了後、番組によって植え付けられた強烈なイメージと自らの目指す方向性とのギャップに悩んだ。

 1998年1月、若手芸人を集めて行われたくじ引きで、当たりを引いたなすび(当時22)は目的も知らされないまま、アイマスク、ヘッドホン着用でワンルームのアパートに移動、衣服をすべて脱ぐよう指示された。そして懸賞雑誌とハガキが渡され、当選金額が100万円相当に達するまで、懸賞だけで生活することになった。

 立案、演出は大陸横断ヒッチハイクシリーズなども手掛けた土屋敏男プロデューサー。この企画では外部との接触を徹底的に遮断し、なすびは状況が分からないまま、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続けることになった。公正を期すため、非公開の本名で懸賞に応募し、アパートの場所も秘密にされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る