なすび 「電波少年」の懸賞生活でブレークして人間不信に

公開日: 更新日:

―1999年3月―

「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続ける姿を放送した日本テレビ「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的懸賞生活」。挑戦させられたタレントのなすびはその独特の風貌もあり、一躍人気者になった。しかし、企画終了後、番組によって植え付けられた強烈なイメージと自らの目指す方向性とのギャップに悩んだ。

 1998年1月、若手芸人を集めて行われたくじ引きで、当たりを引いたなすび(当時22)は目的も知らされないまま、アイマスク、ヘッドホン着用でワンルームのアパートに移動、衣服をすべて脱ぐよう指示された。そして懸賞雑誌とハガキが渡され、当選金額が100万円相当に達するまで、懸賞だけで生活することになった。

 立案、演出は大陸横断ヒッチハイクシリーズなども手掛けた土屋敏男プロデューサー。この企画では外部との接触を徹底的に遮断し、なすびは状況が分からないまま、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続けることになった。公正を期すため、非公開の本名で懸賞に応募し、アパートの場所も秘密にされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る