なすび 「電波少年」の懸賞生活でブレークして人間不信に

公開日: 更新日:

―1999年3月―

「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続ける姿を放送した日本テレビ「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的懸賞生活」。挑戦させられたタレントのなすびはその独特の風貌もあり、一躍人気者になった。しかし、企画終了後、番組によって植え付けられた強烈なイメージと自らの目指す方向性とのギャップに悩んだ。

 1998年1月、若手芸人を集めて行われたくじ引きで、当たりを引いたなすび(当時22)は目的も知らされないまま、アイマスク、ヘッドホン着用でワンルームのアパートに移動、衣服をすべて脱ぐよう指示された。そして懸賞雑誌とハガキが渡され、当選金額が100万円相当に達するまで、懸賞だけで生活することになった。

 立案、演出は大陸横断ヒッチハイクシリーズなども手掛けた土屋敏男プロデューサー。この企画では外部との接触を徹底的に遮断し、なすびは状況が分からないまま、全裸でひたすら懸賞ハガキを書き続けることになった。公正を期すため、非公開の本名で懸賞に応募し、アパートの場所も秘密にされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る