エベレスト登頂なすび “懸賞生活”で培った根気と体力実る

公開日: 更新日:

 4度目の挑戦で、念願のエベレスト登頂と報じられているのが、なすび(40)。日テレ「進ぬ!電波少年」の企画で、1998年から1年3カ月間、懸賞生活を送ったことで知られている。

 なすびは福島出身で、エベレスト挑戦は震災からの復興を願ってはじめたのだそうだ。昨年1月、日刊ゲンダイ本紙の連載インタビュー「あの人は今こうしている」でこう語っていた。

「KFB福島放送で番組をやらせていただいてましてね。毎週土曜日、放射線量、拡散情報や除染状況をお知らせするんです。あとはボランティア。まだまだ手が足りない。それで通い続けてます」

 このとき、なすびは東京・世田谷区内の1Kアパートに「帰って寝るだけ」の一人暮らし。エベレストは2度挑戦し失敗していたが、やはり復興への願いを込めて挑戦した四国八十八カ所巡りは17日間で結願成就させたことを明らかにしていた。懸賞生活で見せた根気と体力がエベレスト登頂へとつながったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る