エベレスト登頂なすび “懸賞生活”で培った根気と体力実る

公開日: 更新日:

 4度目の挑戦で、念願のエベレスト登頂と報じられているのが、なすび(40)。日テレ「進ぬ!電波少年」の企画で、1998年から1年3カ月間、懸賞生活を送ったことで知られている。

 なすびは福島出身で、エベレスト挑戦は震災からの復興を願ってはじめたのだそうだ。昨年1月、日刊ゲンダイ本紙の連載インタビュー「あの人は今こうしている」でこう語っていた。

「KFB福島放送で番組をやらせていただいてましてね。毎週土曜日、放射線量、拡散情報や除染状況をお知らせするんです。あとはボランティア。まだまだ手が足りない。それで通い続けてます」

 このとき、なすびは東京・世田谷区内の1Kアパートに「帰って寝るだけ」の一人暮らし。エベレストは2度挑戦し失敗していたが、やはり復興への願いを込めて挑戦した四国八十八カ所巡りは17日間で結願成就させたことを明らかにしていた。懸賞生活で見せた根気と体力がエベレスト登頂へとつながったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  10. 10

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る