エベレスト登頂なすび “懸賞生活”で培った根気と体力実る

公開日:  更新日:

 4度目の挑戦で、念願のエベレスト登頂と報じられているのが、なすび(40)。日テレ「進ぬ!電波少年」の企画で、1998年から1年3カ月間、懸賞生活を送ったことで知られている。

 なすびは福島出身で、エベレスト挑戦は震災からの復興を願ってはじめたのだそうだ。昨年1月、日刊ゲンダイ本紙の連載インタビュー「あの人は今こうしている」でこう語っていた。

「KFB福島放送で番組をやらせていただいてましてね。毎週土曜日、放射線量、拡散情報や除染状況をお知らせするんです。あとはボランティア。まだまだ手が足りない。それで通い続けてます」

 このとき、なすびは東京・世田谷区内の1Kアパートに「帰って寝るだけ」の一人暮らし。エベレストは2度挑戦し失敗していたが、やはり復興への願いを込めて挑戦した四国八十八カ所巡りは17日間で結願成就させたことを明らかにしていた。懸賞生活で見せた根気と体力がエベレスト登頂へとつながったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る