世界のうめざわが語る「電波少年」「エンタの神様」撮影ウラ話

公開日:  更新日:

 02年、日テレ系の「進ぬ!電波少年」の名物コーナー「電波少年的ペナントレース」で広島カープの熱狂的なファンとして出演していた「うめ」こと世界のうめざわさん(42)。その後、羽織袴にモヒカンというユニークな姿でバラエティー番組に出演していた。しかし、最近は見ない。今どうしているのか――。

「『電波少年』で猿岩石のシリーズが終わり、次の企画のためにオーディションがあって、最終選考まで残ったんだけどクジ引きで負けちゃいましてね。でも、その後、ピンで新番組に出してやる、って声がかかったんです。もちろん、これはビッグチャンスだ、と思いましたよ。ところが、巨人ファンとして出演してくれ、と要求され、カープへの愛を偽ることはできねえ、と断固断りました。あの時、出てればブレークしてたかも、とさんざん言われたけど、知ったこっちゃありません」

 それが1998年のこと。うめざわさん、02年から始まった「進ぬ!電波少年」の「電波少年的ペナントレース」コーナーで念願の広島ファンとして出演を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る