三浦洋一 壮絶ながん闘病死と男の美学

公開日:  更新日:

<2000年5月>

 二枚目の個性派俳優として「さすらい刑事旅情編」(テレビ朝日)などで活躍した三浦洋一。食道がんのため、46歳の若さで亡くなったのは2000年5月14日のことだった。

 激ヤセが伝えられていた三浦のがんが発覚したのは99年9月。食べ物がうまくのみ込めないという三浦を心配した妻の真理子さんが三浦の友人の外科医に「最近旦那が痩せてきて、物が食べられなくなっているんです。心配だから診てくれませんか」と電話をかけた。

 翌日、内視鏡とCTスキャンで検査したところ、食道下部、胃のすぐ手前に直径3センチ以上の腫瘍ができているのが発見された。食道の4分の3はすでに機能していない状況だったという。もはや手が付けられない状況で、医師は年内はダメだろう、もって2~3カ月だろうと感じたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る