三浦洋一 壮絶ながん闘病死と男の美学

公開日: 更新日:

<2000年5月>

 二枚目の個性派俳優として「さすらい刑事旅情編」(テレビ朝日)などで活躍した三浦洋一。食道がんのため、46歳の若さで亡くなったのは2000年5月14日のことだった。

 激ヤセが伝えられていた三浦のがんが発覚したのは99年9月。食べ物がうまくのみ込めないという三浦を心配した妻の真理子さんが三浦の友人の外科医に「最近旦那が痩せてきて、物が食べられなくなっているんです。心配だから診てくれませんか」と電話をかけた。

 翌日、内視鏡とCTスキャンで検査したところ、食道下部、胃のすぐ手前に直径3センチ以上の腫瘍ができているのが発見された。食道の4分の3はすでに機能していない状況だったという。もはや手が付けられない状況で、医師は年内はダメだろう、もって2~3カ月だろうと感じたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る