三浦洋一 壮絶ながん闘病死と男の美学

公開日:  更新日:

<2000年5月>

 二枚目の個性派俳優として「さすらい刑事旅情編」(テレビ朝日)などで活躍した三浦洋一。食道がんのため、46歳の若さで亡くなったのは2000年5月14日のことだった。

 激ヤセが伝えられていた三浦のがんが発覚したのは99年9月。食べ物がうまくのみ込めないという三浦を心配した妻の真理子さんが三浦の友人の外科医に「最近旦那が痩せてきて、物が食べられなくなっているんです。心配だから診てくれませんか」と電話をかけた。

 翌日、内視鏡とCTスキャンで検査したところ、食道下部、胃のすぐ手前に直径3センチ以上の腫瘍ができているのが発見された。食道の4分の3はすでに機能していない状況だったという。もはや手が付けられない状況で、医師は年内はダメだろう、もって2~3カ月だろうと感じたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る