三浦洋一 壮絶ながん闘病死と男の美学

公開日: 更新日:

 医師は三浦には「食道がんだ。もう手術のできない状態。化学治療と放射線治療をやろう」と告知した。ショックを受けた三浦はしばらくは言葉も出ない状況だったが、「それでいこう」と数日後から治療を開始した。

 しかし、三浦は「10月に新宿コマ劇場で(長山洋子の)舞台公演の仕事が入っている」と、9月20日過ぎに一時退院、約1カ月間の舞台出演を強行した。がんは肺にも転移しており、すでにバナナジュースさえもうまく喉を通らない状態だったが、宿泊先のホテルで点滴を受けながら舞台に立ちつづけた。75キロあった体重は千秋楽には55キロまで激減していた。共演者に激ヤセぶりを気づかれないよう、舞台衣装の下に肉じゅばんを2枚も巻いていたという。

 公演終了後の11月、三浦は再入院する。医師と所属事務所は記者会見を開き、食道がんが公表された。医師は会見で「転移している様子もないし、100%に近い確率で完治」と語ったが、これは本人に病状を知らせないための嘘だった。実際には年が越せるかどうかという状況で、翌年1月に予定されていた長山の中日劇場公演も降板が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  10. 10

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

もっと見る