中山千夏 結婚から7年後の「なんとなく離婚」

公開日:  更新日:

<1978年1月>

 中山千夏(当時29)とジャズピアニストの佐藤允彦(同36)の夫婦が東京・港区役所赤坂支所に離婚届を提出したのは1月18日のことだった。

 マスコミに伝わるのは早くても1週間後と千夏は予想していたが、2日後にはスポーツ紙や週刊誌の直撃を受けた。記者たちが提出の時刻や出したのが誰かまで知っていることに千夏は驚き、呆れた。まだ友人たちにも話していない段階で情報が漏れたのである。役所の人間がリークしたとしか考えられなかった。
「当時、芸能マスコミはタレントが多い地区の役人とつるんで情報をもらっていた。個人情報にうるさくなった現在では考えられないことですが」(元週刊誌デスク)

 千夏は69年から「お昼のワイドショー」(日本テレビ)にレギュラー出演。司会役の青島幸男と横山ノックのアシスタントを務めた。社会問題をしばしば取り上げ、千夏は自分の意見を積極的に発言。かつての名子役は知性派マルチタレントに変身を遂げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る