中山千夏 結婚から7年後の「なんとなく離婚」

公開日:  更新日:

<1978年1月>

 中山千夏(当時29)とジャズピアニストの佐藤允彦(同36)の夫婦が東京・港区役所赤坂支所に離婚届を提出したのは1月18日のことだった。

 マスコミに伝わるのは早くても1週間後と千夏は予想していたが、2日後にはスポーツ紙や週刊誌の直撃を受けた。記者たちが提出の時刻や出したのが誰かまで知っていることに千夏は驚き、呆れた。まだ友人たちにも話していない段階で情報が漏れたのである。役所の人間がリークしたとしか考えられなかった。
「当時、芸能マスコミはタレントが多い地区の役人とつるんで情報をもらっていた。個人情報にうるさくなった現在では考えられないことですが」(元週刊誌デスク)

 千夏は69年から「お昼のワイドショー」(日本テレビ)にレギュラー出演。司会役の青島幸男と横山ノックのアシスタントを務めた。社会問題をしばしば取り上げ、千夏は自分の意見を積極的に発言。かつての名子役は知性派マルチタレントに変身を遂げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る