中山千夏 結婚から7年後の「なんとなく離婚」

公開日: 更新日:

<1978年1月>

 中山千夏(当時29)とジャズピアニストの佐藤允彦(同36)の夫婦が東京・港区役所赤坂支所に離婚届を提出したのは1月18日のことだった。

 マスコミに伝わるのは早くても1週間後と千夏は予想していたが、2日後にはスポーツ紙や週刊誌の直撃を受けた。記者たちが提出の時刻や出したのが誰かまで知っていることに千夏は驚き、呆れた。まだ友人たちにも話していない段階で情報が漏れたのである。役所の人間がリークしたとしか考えられなかった。
「当時、芸能マスコミはタレントが多い地区の役人とつるんで情報をもらっていた。個人情報にうるさくなった現在では考えられないことですが」(元週刊誌デスク)

 千夏は69年から「お昼のワイドショー」(日本テレビ)にレギュラー出演。司会役の青島幸男と横山ノックのアシスタントを務めた。社会問題をしばしば取り上げ、千夏は自分の意見を積極的に発言。かつての名子役は知性派マルチタレントに変身を遂げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る