中山千夏 結婚から7年後の「なんとなく離婚」

公開日: 更新日:

<1978年1月>

 中山千夏(当時29)とジャズピアニストの佐藤允彦(同36)の夫婦が東京・港区役所赤坂支所に離婚届を提出したのは1月18日のことだった。

 マスコミに伝わるのは早くても1週間後と千夏は予想していたが、2日後にはスポーツ紙や週刊誌の直撃を受けた。記者たちが提出の時刻や出したのが誰かまで知っていることに千夏は驚き、呆れた。まだ友人たちにも話していない段階で情報が漏れたのである。役所の人間がリークしたとしか考えられなかった。
「当時、芸能マスコミはタレントが多い地区の役人とつるんで情報をもらっていた。個人情報にうるさくなった現在では考えられないことですが」(元週刊誌デスク)

 千夏は69年から「お昼のワイドショー」(日本テレビ)にレギュラー出演。司会役の青島幸男と横山ノックのアシスタントを務めた。社会問題をしばしば取り上げ、千夏は自分の意見を積極的に発言。かつての名子役は知性派マルチタレントに変身を遂げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る