19歳上の映画監督と結ばれ半世紀を添い遂げた八千草薫

公開日: 更新日:

<1957年7月>

「今度は終わりをまっとうしたいってことかな」
 記者の「新婦に何をしてあげたいですか」との質問に、式を終え会見に臨んだ新郎の谷口千吉監督はこう答えた。

 7月21日、丸の内の東京会館で、谷口と八千草薫の結婚式が開かれていた。谷口にとっては3度目の結婚。今度こそ最後まで添い遂げたいと決意を表明したのだった。

 26歳の八千草は“お嫁さんにしたい有名人”アンケートでトップに選ばれていた。片や谷口は19歳も上の45歳。人気絶頂の女優が親子ほども違う相手と結ばれたことに世間は驚いた。

 谷口がメガホンを取る映画「乱菊物語」に、宝塚歌劇団に在籍していた八千草が主演したのがきっかけだった。口が悪いことで知られていた谷口は八千草に対しても厳しかった。助監督の岡本喜八が「あんなに叱ったら宝塚に帰ってしまう」と心配したほど。しかし、思ったことをズバズバ言う男性が、八千草にとっては新鮮だった。2歳の時、肺結核で亡くした父の面影を見ていたのかもしれない。八千草は次第に谷口にひかれていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る