中原理恵 人気の「欽ドン」をわずか1年で降板

公開日:  更新日:

<1982年3月>

 1978年、デビュー曲の「東京ららばい」が大ヒットし、同年の紅白にも出場した中原理恵。81年4月からフジテレビ「欽ドン!良い子悪い子普通の子」にレギュラー出演して人気になった。だが、82年3月、中原(当時23)は番組をわずか1年で降板し、女優と歌手をメーンに活動を続け、その後、元YMOの高橋幸宏との不倫が報じられた。

 都会的なイメージの歌手として活躍していた中原だが、萩本欽一の番組にゲスト出演したことをキッカケに欽ドンのレギュラーが決定。欽ドンでは萩本相手に良い妻、悪い妻、普通の妻の3役をアドリブを交えながら演じていた。良い子、悪い子、普通の子を演じるイモ欽トリオが厳しいリハーサルを行う中、中原はほとんどリハーサルなしで本番に入るなど、コメディエンヌとしての才能を発揮し、視聴率は30%台をキープ。フジの看板番組となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る