中原理恵 人気の「欽ドン」をわずか1年で降板

公開日:  更新日:

<1982年3月>

 1978年、デビュー曲の「東京ららばい」が大ヒットし、同年の紅白にも出場した中原理恵。81年4月からフジテレビ「欽ドン!良い子悪い子普通の子」にレギュラー出演して人気になった。だが、82年3月、中原(当時23)は番組をわずか1年で降板し、女優と歌手をメーンに活動を続け、その後、元YMOの高橋幸宏との不倫が報じられた。

 都会的なイメージの歌手として活躍していた中原だが、萩本欽一の番組にゲスト出演したことをキッカケに欽ドンのレギュラーが決定。欽ドンでは萩本相手に良い妻、悪い妻、普通の妻の3役をアドリブを交えながら演じていた。良い子、悪い子、普通の子を演じるイモ欽トリオが厳しいリハーサルを行う中、中原はほとんどリハーサルなしで本番に入るなど、コメディエンヌとしての才能を発揮し、視聴率は30%台をキープ。フジの看板番組となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る