• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

向田邦子 取材先の台湾で飛行機墜落事故

<1981年8月>

“台湾で飛行機事故が発生”の第一報が飛び込んできたのは22日。間もなく、「日本人乗客がいるもよう」と続報が入る。発表された乗客名簿にK・ムコウダの名前。ドラマの脚本家として数々のヒット作を世に送り出してきた作家、向田邦子(当時51歳)だった。

 向田は1980年に短編の連作で直木賞を受賞。以降写真をメーンにした旅行記などの仕事も入るようになっていた。「仕事の煩わしさから逃れられる外国旅行が好きなの」と語り、この時も翌年に予定されている番組の取材を兼ね、1週間の予定で台湾を訪問していた。

 事故が起きたのは午前10時10分(日本時間同11時10分)。台北発高雄行きの遠東航空103便ボーイング737型機が、離陸からわずか十数分後に台北の南南西150キロの空中で分解、墜落した。機内には高雄に向かう向田とそのスタッフ3人を含め乗員乗客110人が乗っていたが、全員が犠牲となった。事故原因はその後の調査で、塩水により与圧隔壁が腐食、貨物室の外板が破壊され、空中分解したことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る