向田邦子 取材先の台湾で飛行機墜落事故

公開日:  更新日:

<1981年8月>

“台湾で飛行機事故が発生”の第一報が飛び込んできたのは22日。間もなく、「日本人乗客がいるもよう」と続報が入る。発表された乗客名簿にK・ムコウダの名前。ドラマの脚本家として数々のヒット作を世に送り出してきた作家、向田邦子(当時51歳)だった。

 向田は1980年に短編の連作で直木賞を受賞。以降写真をメーンにした旅行記などの仕事も入るようになっていた。「仕事の煩わしさから逃れられる外国旅行が好きなの」と語り、この時も翌年に予定されている番組の取材を兼ね、1週間の予定で台湾を訪問していた。

 事故が起きたのは午前10時10分(日本時間同11時10分)。台北発高雄行きの遠東航空103便ボーイング737型機が、離陸からわずか十数分後に台北の南南西150キロの空中で分解、墜落した。機内には高雄に向かう向田とそのスタッフ3人を含め乗員乗客110人が乗っていたが、全員が犠牲となった。事故原因はその後の調査で、塩水により与圧隔壁が腐食、貨物室の外板が破壊され、空中分解したことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る