向田邦子 取材先の台湾で飛行機墜落事故

公開日:  更新日:

<1981年8月>

“台湾で飛行機事故が発生”の第一報が飛び込んできたのは22日。間もなく、「日本人乗客がいるもよう」と続報が入る。発表された乗客名簿にK・ムコウダの名前。ドラマの脚本家として数々のヒット作を世に送り出してきた作家、向田邦子(当時51歳)だった。

 向田は1980年に短編の連作で直木賞を受賞。以降写真をメーンにした旅行記などの仕事も入るようになっていた。「仕事の煩わしさから逃れられる外国旅行が好きなの」と語り、この時も翌年に予定されている番組の取材を兼ね、1週間の予定で台湾を訪問していた。

 事故が起きたのは午前10時10分(日本時間同11時10分)。台北発高雄行きの遠東航空103便ボーイング737型機が、離陸からわずか十数分後に台北の南南西150キロの空中で分解、墜落した。機内には高雄に向かう向田とそのスタッフ3人を含め乗員乗客110人が乗っていたが、全員が犠牲となった。事故原因はその後の調査で、塩水により与圧隔壁が腐食、貨物室の外板が破壊され、空中分解したことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る