向田邦子 取材先の台湾で飛行機墜落事故

公開日:  更新日:

 取材先は当初、シルクロードの予定だった。しかし、カシュガル地区が政情不安なため、急きょ他の候補地を探すことになった。イスタンブールも検討されたが、予算が合わず、結局、決まったのは台湾。多くの作品で向田とタッグを組んだプロデューサー、久世光彦は同年7月中旬に同じコースで台湾旅行をしており、向田においしいお店を紹介していた。久世は「直木賞を取らなければ写真集を出そうなんて物好きな出版社もなかったろう。バカな死に方をして!」と悔やんだ。

 松田優作を主演に迎えて制作予定だった正月ドラマ「虞美人草」は向田の死により制作中止となったが、久世は「弔い合戦をやろう」と翌年「虞美人草」のキャストをそのまま起用した「春が来た」を制作。追悼番組として82年の元日に放送された。

◇1981年8月 12日、IBMが「IBM PC」発表。マイクロソフトのOSを搭載。25日、ボイジャー2号が土星に最接近。26日、阪神の江本孟紀投手が「ベンチがアホ」発言。翌日退団表明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る