洞口依子 子宮頚がん摘出手術と芸能活動再開

公開日: 更新日:

<2004年1月>

 15歳でモデル活動を始め、19歳で女優デビューした洞口依子。黒沢清や伊丹十三の映画に数多く出演し、現在も個性派女優として活躍中だが、04年1月に子宮頚(けい)がんを宣告される。子宮を摘出した洞口は約4カ月で活動を再開するが、体調不良に悩まされ、一時は自殺を考えるまで追い込まれた。

 体調不良に気がついたのは03年10月、38歳の時だった。夏の疲れがいつまでも取れず、ひどい腰痛に悩まされるようになり、続いて不正出血や立ちくらみも起きるようになる。

 年明け1月に病院に行き、診察の結果、その場で子宮頚がんを宣告される。あまりにもあっさり言われたため、「そんなドラマチックなことが私の身に起きるわけがないだろう」と実感がわかなかったという。検査には97年に結婚したテレビマンの夫も同行したが、やはりキツネにつままれたような感じで「どうして君ががんなの?」と言うほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る