洞口依子 子宮頚がん摘出手術と芸能活動再開

公開日:  更新日:

<2004年1月>

 15歳でモデル活動を始め、19歳で女優デビューした洞口依子。黒沢清や伊丹十三の映画に数多く出演し、現在も個性派女優として活躍中だが、04年1月に子宮頚(けい)がんを宣告される。子宮を摘出した洞口は約4カ月で活動を再開するが、体調不良に悩まされ、一時は自殺を考えるまで追い込まれた。

 体調不良に気がついたのは03年10月、38歳の時だった。夏の疲れがいつまでも取れず、ひどい腰痛に悩まされるようになり、続いて不正出血や立ちくらみも起きるようになる。

 年明け1月に病院に行き、診察の結果、その場で子宮頚がんを宣告される。あまりにもあっさり言われたため、「そんなドラマチックなことが私の身に起きるわけがないだろう」と実感がわかなかったという。検査には97年に結婚したテレビマンの夫も同行したが、やはりキツネにつままれたような感じで「どうして君ががんなの?」と言うほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る