洞口依子 子宮頚がん摘出手術と芸能活動再開

公開日: 更新日:

<2004年1月>

 15歳でモデル活動を始め、19歳で女優デビューした洞口依子。黒沢清や伊丹十三の映画に数多く出演し、現在も個性派女優として活躍中だが、04年1月に子宮頚(けい)がんを宣告される。子宮を摘出した洞口は約4カ月で活動を再開するが、体調不良に悩まされ、一時は自殺を考えるまで追い込まれた。

 体調不良に気がついたのは03年10月、38歳の時だった。夏の疲れがいつまでも取れず、ひどい腰痛に悩まされるようになり、続いて不正出血や立ちくらみも起きるようになる。

 年明け1月に病院に行き、診察の結果、その場で子宮頚がんを宣告される。あまりにもあっさり言われたため、「そんなドラマチックなことが私の身に起きるわけがないだろう」と実感がわかなかったという。検査には97年に結婚したテレビマンの夫も同行したが、やはりキツネにつままれたような感じで「どうして君ががんなの?」と言うほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る