• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

洞口依子 子宮頚がん摘出手術と芸能活動再開

<2004年1月>

 15歳でモデル活動を始め、19歳で女優デビューした洞口依子。黒沢清や伊丹十三の映画に数多く出演し、現在も個性派女優として活躍中だが、04年1月に子宮頚(けい)がんを宣告される。子宮を摘出した洞口は約4カ月で活動を再開するが、体調不良に悩まされ、一時は自殺を考えるまで追い込まれた。

 体調不良に気がついたのは03年10月、38歳の時だった。夏の疲れがいつまでも取れず、ひどい腰痛に悩まされるようになり、続いて不正出血や立ちくらみも起きるようになる。

 年明け1月に病院に行き、診察の結果、その場で子宮頚がんを宣告される。あまりにもあっさり言われたため、「そんなドラマチックなことが私の身に起きるわけがないだろう」と実感がわかなかったという。検査には97年に結婚したテレビマンの夫も同行したが、やはりキツネにつままれたような感じで「どうして君ががんなの?」と言うほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る