理想の花嫁 イーデス・ハンソン 文楽人形遣いとの破局

公開日: 更新日:

<1965年9月>

 9月17日、大阪は台風24号の直撃を受けていた。風雨が吹き荒れる中、イーデス・ハンソン(当時26)はスーツケースをひとつだけ持って東住吉区の家を出た。この日、2年3カ月前に結婚した文楽の人形遣い・吉田小玉(同31、後に5代目吉田文吾を襲名)との離婚が正式に成立していた。

 ハンソンが米国から来日したのは60年9月、オクラホマシティー大2年の時。4番目の兄がエール大から交換教授として大阪大に赴任。以前から日本の文化に興味があったハンソンはチャンスとばかり、大学を休学して兄の家族と一緒に大阪に来たのだった。

 10カ月後、兄は任期を終え帰国したが、ハンソンはそのまま大阪に残った。この地の雑多な雰囲気にすっかり魅せられてしまったのだ。

 しばらくしてハンソンの文楽通いが始まる。そのうち楽屋にも顔を出すようになり、若手の小玉との交際が始まった。ちょうどその頃、ハンソンは「関西弁を話すけったいな米国人がいる」とテレビ番組で取り上げられ注目を集めていた。間もなくテレビやラジオに引っ張りダコになり、そのままタレントとして活躍するようになった。人気が急上昇する中でハンソンは小玉と結婚。家を購入し、小玉の両親と妹を呼び寄せ、家族5人の生活がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る