• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理想の花嫁 イーデス・ハンソン 文楽人形遣いとの破局

<1965年9月>

 9月17日、大阪は台風24号の直撃を受けていた。風雨が吹き荒れる中、イーデス・ハンソン(当時26)はスーツケースをひとつだけ持って東住吉区の家を出た。この日、2年3カ月前に結婚した文楽の人形遣い・吉田小玉(同31、後に5代目吉田文吾を襲名)との離婚が正式に成立していた。

 ハンソンが米国から来日したのは60年9月、オクラホマシティー大2年の時。4番目の兄がエール大から交換教授として大阪大に赴任。以前から日本の文化に興味があったハンソンはチャンスとばかり、大学を休学して兄の家族と一緒に大阪に来たのだった。

 10カ月後、兄は任期を終え帰国したが、ハンソンはそのまま大阪に残った。この地の雑多な雰囲気にすっかり魅せられてしまったのだ。

 しばらくしてハンソンの文楽通いが始まる。そのうち楽屋にも顔を出すようになり、若手の小玉との交際が始まった。ちょうどその頃、ハンソンは「関西弁を話すけったいな米国人がいる」とテレビ番組で取り上げられ注目を集めていた。間もなくテレビやラジオに引っ張りダコになり、そのままタレントとして活躍するようになった。人気が急上昇する中でハンソンは小玉と結婚。家を購入し、小玉の両親と妹を呼び寄せ、家族5人の生活がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る