「R100」大コケは当然か “松本人志監督”に足りないモノ

公開日: 更新日:

 分かるヤツだけが分かればいい、というのが松本の信条なんだから、映画館がガラガラでも気にすることはない。異常なほどの不入りに吉本興業は真っ青、テコ入れに必死なんて報じられているが、何をいまさらじゃないか。コケることは関係者だって薄々気づいていたはずだ。

「映画監督というのは、どこかとんがっていて、突き抜けたセンスを持っているもの。松本監督が目標にしている北野武監督にしてもそうです。ただ、あまりに監督のセンスが突き抜けすぎると、一般の観客はついていけなくなる。その点、北野監督には、森昌行プロデューサーという“参謀”がいるおかげで、うまくバランスが取れているのでしょう。もしかしたら松本監督はとんがりすぎて、周囲に誰も直言できるスタッフがいないのかもしれませんね」(前田有一氏=前出)

 宮崎駿監督にも、鈴木敏夫プロデューサーがいた。“裸の王様”では、ヒットは望めないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  7. 7

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る