「ドクターX」に半沢の手法も…テレ朝“シリーズ軍団”の強みと進化

公開日:  更新日:

 この秋のドラマレースで目を引くのが、テレビ朝日“シリーズ軍団”の活躍だ。初回が19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の「相棒」。今期最高の22.8%を記録した「ドクターX~外科医・大門未知子~」。さらに、23時台の「都市伝説の女」も8.4%の高視聴率で始まった。

 この3本に共通するキーワードは「進化」だ。前シリーズのいいところを継承しながら、視聴者を飽きさせない工夫を忘れない。その好例が米倉涼子主演の「ドクターX」である。

 まず新たな舞台の設定だ。前回の帝都医大付属病院の分院から本院へ。これは「半沢直樹」が大阪西支店から東京本部に異動したようなものだ。これにより大学病院“本店”ならではの権力闘争も描けるようになった。

 次に新キャラクターの投入だ。外科統括部長に西田敏行。映画「釣りバカ日誌」の浜ちゃんもいいが、西田はアクの強いヒール役も実にうまい。そして内科統括部長は三田佳子だ。現在72歳の三田が58歳の敏腕女医を堂々と演じている。出てくるだけで画面が豪華に見えるのはさすが大女優だ。

 次期院長の座をめぐって対立するこの2人。いわばハブとマングースの戦いだが、その暗闘が激しいほど、「私、失敗しないので」とマイペースで患者の命を救っていく米倉が際立つ仕掛けだ。まさに座長芝居である。

(上智大教授・碓井広義=メディア論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る