AD時代はダメ社員だった 「そして父になる」是枝裕和監督

公開日: 更新日:

<3カ月の出社拒否を3回も>

 公開3週目で早くも興収20億円突破。カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、あのスピルバーグもハリウッド・リメーク版に乗り出すという。話題の映画「そして父になる」のメガホンを取ったのがこの人だ。

<恩師>

 映像の世界に入る際、最も影響を受けたのは村木良彦だ。村木は今野勉、萩元晴彦とともにTBSを退社し、テレビマンユニオンを創立したメンバー。是枝は大学5年の時、村木が主宰する「メディア塾」に参加し、ドキュメンタリーの世界に魅せられた。後に「村木さんに会ってなければ、テレビマンユニオンには入社してない」と語っている。

<人形並べ>

 テレビマンユニオンに入って最初にやった仕事はアシスタントディレクター(AD)。「遠くへ行きたい」「世界ふしぎ発見!」などを担当した。草野仁の「黒柳さんにヒトシ君人形、3個!」という掛け声に従って、お盆の上に人形を並べる仕事などをしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る