AD時代はダメ社員だった 「そして父になる」是枝裕和監督

公開日: 更新日:

<3カ月の出社拒否を3回も>

 公開3週目で早くも興収20億円突破。カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、あのスピルバーグもハリウッド・リメーク版に乗り出すという。話題の映画「そして父になる」のメガホンを取ったのがこの人だ。

<恩師>

 映像の世界に入る際、最も影響を受けたのは村木良彦だ。村木は今野勉、萩元晴彦とともにTBSを退社し、テレビマンユニオンを創立したメンバー。是枝は大学5年の時、村木が主宰する「メディア塾」に参加し、ドキュメンタリーの世界に魅せられた。後に「村木さんに会ってなければ、テレビマンユニオンには入社してない」と語っている。

<人形並べ>

 テレビマンユニオンに入って最初にやった仕事はアシスタントディレクター(AD)。「遠くへ行きたい」「世界ふしぎ発見!」などを担当した。草野仁の「黒柳さんにヒトシ君人形、3個!」という掛け声に従って、お盆の上に人形を並べる仕事などをしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る