• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

潔癖、毒舌、逆ギレ…再ブレークの坂上忍が駆使する3つの新キャラ

「今日はわたくし、ひと月と10日ぶりの……。オフでございます!」

 と、自身のブログで書いたくだりが報じられた。坂上忍(46)は「まったく、実感がないんですけどね」と続けつつ、愛犬8匹との休みを満喫したと報告している。実際のところ、バラエティー番組で毒舌トークを繰り広げ、主宰する子ども向け演技学校で「芝居が好きじゃないなら、無理にやんない方がいいよ」などと講義する姿がお茶の間に流れ、ブレーク中の売れっ子なのは間違いない。

「大きな発端は、タレントの安田美沙子との『ルーズVS.潔癖』対決でしょう。200枚ものタオルを常備し、顔を拭くものと体を拭くタオルを分け、テーブルと床の木目がピタリと重なっていないと駄目だとか、ピカピカのトイレは4時間かけて磨き上げたといったエピソードがウケたのです。1日5回の入浴のほか、電車では他人の手あかを嫌って吊り革に触れず、ポテトチップスを食べる時は箸でつまみ、自宅を訪れた知人に家を汚されないよう、新聞紙に座らせたとのネタを繰り出し、周囲が驚くと『ブスは嫌いだ』などと逆ギレしてみせる。歯に衣着せぬ物言いと開き直ったような態度をとって、賛否両論、話題になるというパターンです。同じ子役出身で話題を振りまいた杉田かおると似てますね」(女性誌デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る