潔癖、毒舌、逆ギレ…再ブレークの坂上忍が駆使する3つの新キャラ

公開日: 更新日:

「今日はわたくし、ひと月と10日ぶりの……。オフでございます!」

 と、自身のブログで書いたくだりが報じられた。坂上忍(46)は「まったく、実感がないんですけどね」と続けつつ、愛犬8匹との休みを満喫したと報告している。実際のところ、バラエティー番組で毒舌トークを繰り広げ、主宰する子ども向け演技学校で「芝居が好きじゃないなら、無理にやんない方がいいよ」などと講義する姿がお茶の間に流れ、ブレーク中の売れっ子なのは間違いない。

「大きな発端は、タレントの安田美沙子との『ルーズVS.潔癖』対決でしょう。200枚ものタオルを常備し、顔を拭くものと体を拭くタオルを分け、テーブルと床の木目がピタリと重なっていないと駄目だとか、ピカピカのトイレは4時間かけて磨き上げたといったエピソードがウケたのです。1日5回の入浴のほか、電車では他人の手あかを嫌って吊り革に触れず、ポテトチップスを食べる時は箸でつまみ、自宅を訪れた知人に家を汚されないよう、新聞紙に座らせたとのネタを繰り出し、周囲が驚くと『ブスは嫌いだ』などと逆ギレしてみせる。歯に衣着せぬ物言いと開き直ったような態度をとって、賛否両論、話題になるというパターンです。同じ子役出身で話題を振りまいた杉田かおると似てますね」(女性誌デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る