女子アナ嫌いのマツコが絶賛 「漁師の娘」上田まりえの“実力”

公開日: 更新日:

 日本テレビの上田まりえアナウンサー(27)が7日、東京・麹町消防署の一日署長に就任。消防演習で「放水、開始!」と指揮棒を振った。演習後、「まさかアナウンサーの仕事で、このような機会があるとは思いませんでした。カメラの前と違ってどんな顔をしていいか分からず、恥ずかしいというか緊張しました」とコメントした。

 現在、レギュラー番組は「イブニングプレス donna」(木曜)や「真相報道バンキシャ!」など。ルックスはご覧の通りの美形だが、後輩の水ト麻美(26)や杉野真実(23)の陰に埋没してパッとしなかった。ところが、最近になって株が上昇している。

 きっかけは「女子アナ嫌い」を公言しているマツコ・デラックス(41)が絶賛したこと。今年7月、同局の深夜バラエティー「月曜から夜ふかし」で「女子アナらしからぬ漁師みたいな女子アナ」として取り上げられた。鳥取県境港市出身で、実家は元イカ釣り漁船の網元だったという。09年の日テレ入社当時の写真と現在を比較したマツコは、「悔しいけど小奇麗になったわね。けど、足は太くていいわね!」と笑顔。上田が今後の身の振り方について相談すると、「だったらアンタ、名前の前に『網元』つけなさいよ。『網元上田まりえ』」「アンタ、キレイになったんだからもっとエロくなった方がいい」とアドバイス。エロいリアクションに挑戦するも、ビミョーだったのか「やっぱおまえは漁師でいいよ!」と楽しそうにイジっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る