女子アナ嫌いのマツコが絶賛 「漁師の娘」上田まりえの“実力”

公開日:  更新日:

 日本テレビの上田まりえアナウンサー(27)が7日、東京・麹町消防署の一日署長に就任。消防演習で「放水、開始!」と指揮棒を振った。演習後、「まさかアナウンサーの仕事で、このような機会があるとは思いませんでした。カメラの前と違ってどんな顔をしていいか分からず、恥ずかしいというか緊張しました」とコメントした。

 現在、レギュラー番組は「イブニングプレス donna」(木曜)や「真相報道バンキシャ!」など。ルックスはご覧の通りの美形だが、後輩の水ト麻美(26)や杉野真実(23)の陰に埋没してパッとしなかった。ところが、最近になって株が上昇している。

 きっかけは「女子アナ嫌い」を公言しているマツコ・デラックス(41)が絶賛したこと。今年7月、同局の深夜バラエティー「月曜から夜ふかし」で「女子アナらしからぬ漁師みたいな女子アナ」として取り上げられた。鳥取県境港市出身で、実家は元イカ釣り漁船の網元だったという。09年の日テレ入社当時の写真と現在を比較したマツコは、「悔しいけど小奇麗になったわね。けど、足は太くていいわね!」と笑顔。上田が今後の身の振り方について相談すると、「だったらアンタ、名前の前に『網元』つけなさいよ。『網元上田まりえ』」「アンタ、キレイになったんだからもっとエロくなった方がいい」とアドバイス。エロいリアクションに挑戦するも、ビミョーだったのか「やっぱおまえは漁師でいいよ!」と楽しそうにイジっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る