女子アナ嫌いのマツコが絶賛 「漁師の娘」上田まりえの“実力”

公開日: 更新日:

 日本テレビの上田まりえアナウンサー(27)が7日、東京・麹町消防署の一日署長に就任。消防演習で「放水、開始!」と指揮棒を振った。演習後、「まさかアナウンサーの仕事で、このような機会があるとは思いませんでした。カメラの前と違ってどんな顔をしていいか分からず、恥ずかしいというか緊張しました」とコメントした。

 現在、レギュラー番組は「イブニングプレス donna」(木曜)や「真相報道バンキシャ!」など。ルックスはご覧の通りの美形だが、後輩の水卜麻美(26)や杉野真実(23)の陰に埋没してパッとしなかった。ところが、最近になって株が上昇している。

 きっかけは「女子アナ嫌い」を公言しているマツコ・デラックス(41)が絶賛したこと。今年7月、同局の深夜バラエティー「月曜から夜ふかし」で「女子アナらしからぬ漁師みたいな女子アナ」として取り上げられた。鳥取県境港市出身で、実家は元イカ釣り漁船の網元だったという。09年の日テレ入社当時の写真と現在を比較したマツコは、「悔しいけど小奇麗になったわね。けど、足は太くていいわね!」と笑顔。上田が今後の身の振り方について相談すると、「だったらアンタ、名前の前に『網元』つけなさいよ。『網元上田まりえ』」「アンタ、キレイになったんだからもっとエロくなった方がいい」とアドバイス。エロいリアクションに挑戦するも、ビミョーだったのか「やっぱおまえは漁師でいいよ!」と楽しそうにイジっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る