マツコには同情論も…TBS「日本ボカシ話」放送休止の顛末

公開日: 更新日:

 29日、TBSのホームページにこんなお知らせが記載されていた。
「『マツコの日本ボカシ話』の全編ボカシという表現・演出方法には、局の内規に抵触するおそれがあることから、一旦、番組の放送を休止し、表現・演出方法の再検討を行います」

 これは22日の初回放送を受けたもの。生命保険会社のセールスレディー、いわゆる「生保レディー」の顔にモザイクをかけ、マツコが業界の実態や裏事情を聞くという内容だったが、その中身は「契約を取るために“枕営業”をした」などという半ば「都市伝説」化した裏話の暴露。当然、スポンサーである生保業界はカンカンだ。

 TBSは30日の定例会見で視聴者から30件以上の電話があり、半分が批判だったことを報告。石原俊爾社長は「全編ボカシは知らなかった。いかがなものかと思う」、佐々木編成局長は「深夜のバラエティーだし、という考えもあった」と話し、「(生命保険会社から)クレームがあった」とスポンサー関係者からの苦情があったことを認めた。第2回は「銀行業界禁断の裏話」を予定していたが、番組存続については未定。出演者のなりすましやヤラセについては否定したが、打ち切り必至の情勢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る