マツコには同情論も…TBS「日本ボカシ話」放送休止の顛末

公開日:  更新日:

 29日、TBSのホームページにこんなお知らせが記載されていた。
「『マツコの日本ボカシ話』の全編ボカシという表現・演出方法には、局の内規に抵触するおそれがあることから、一旦、番組の放送を休止し、表現・演出方法の再検討を行います」

 これは22日の初回放送を受けたもの。生命保険会社のセールスレディー、いわゆる「生保レディー」の顔にモザイクをかけ、マツコが業界の実態や裏事情を聞くという内容だったが、その中身は「契約を取るために“枕営業”をした」などという半ば「都市伝説」化した裏話の暴露。当然、スポンサーである生保業界はカンカンだ。

 TBSは30日の定例会見で視聴者から30件以上の電話があり、半分が批判だったことを報告。石原俊爾社長は「全編ボカシは知らなかった。いかがなものかと思う」、佐々木編成局長は「深夜のバラエティーだし、という考えもあった」と話し、「(生命保険会社から)クレームがあった」とスポンサー関係者からの苦情があったことを認めた。第2回は「銀行業界禁断の裏話」を予定していたが、番組存続については未定。出演者のなりすましやヤラセについては否定したが、打ち切り必至の情勢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る