今度は「四万十川」を葛飾区で撮影…フジの捏造でスポンサー離れも加速

公開日: 更新日:

 国内証券最大手「野村グループ」の一社提供番組。スポンサーありきの企画だが、BSフジは翌週の30日放送で謝罪のテロップと番組終了を早々と発表し、「広告主の方へは事態が発覚した時点でご説明に上がった次第です。事実と異なる映像を放送したことを重く受け止め、終了しました。深くお詫びいたします」(BSフジ広報局)という。

 すでに番組で放送した過去の全映像も調査。この回以外に捏造は「一切ない」と確認済みだというが、同番組は政財界から注目されサラリーマンの支持も高い「プライムニュース」放送終了直後の枠。制作費を出した上に捏造騒動に巻き込まれたクライアントはとんだ災難である。

「広告主として信頼性のある番組であることを要望していただけに大変残念に思います。当番組は放送終了との放送局側の判断ですが、今後は視聴者の信頼を取り戻す番組づくりを期待しております」(野村グループ広報部)とはもっともな話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る