今度は「四万十川」を葛飾区で撮影…フジの捏造でスポンサー離れも加速

公開日:  更新日:

 人気バラエティー「ほこ×たて」を巡り、やらせの内部告発、動物虐待が相次いで発覚したのは2週間前のこと。渦中のフジテレビがまたもや大失態だ。先月23日放送の「風の見た自然たち」(BSフジ)で視聴者からの問い合わせで映像捏造が発覚、番組が打ち切りとなったのだ。

 今年2月から毎週水曜に放送していた5分間番組。この放送回の目玉として流れた高知県四万十川流域に生息するカワセミの映像がデッチ上げで、実際は東京・葛飾区の公園で撮影したものだったというから驚きだ。冒頭に四万十周辺の広大な自然を空撮した映像が映し出され、そのまま俳優・小泉孝太郎のナレーションとともに、餌をとらえるシーンや縄張り争いを繰り広げる様子に迫ったもの。担当したカメラマンが撮影の経緯を制作会社やBSフジに伝えていなかったというが、視聴者は“四万十オールロケ”と疑う余地のない内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る