改名ブレーク狙う「千鳥」ノブ小池 “剛力案”不採用の吉凶

公開日: 更新日:

 かつて関西でレギュラー11本を抱える超売れっ子だったお笑いコンビの「千鳥」。「第2のブラマヨ」という触れ込みで昨年、東京進出を果たすもてんで売れず、改名に踏み切ることに――。

 19日放送の「ロンドンハーツ3時間SP」(テレビ朝日)で発表した。
 改名するのはコワモテ坊主の大悟ではない方。ノブ改め「ノブ小池」として活動するという。

 同番組の企画「有吉先生のマジ進路相談」で助言を求められた有吉弘行が、「(関西での)実績はあるんだから、あとはきっかけ。改名とか?」と指摘したのだが、本名は早川信行だ。

 なぜ小池なのか。過去に同番組内で、女性ゲストが芸人の個人名を当てるコーナーを放送。元ビーチバレー選手の浅尾美和が「小池さん」と呼んだのがきっかけだ。

 剛力彩芽からも「佐々木タケオさん?」と言われていた。で、浅尾の“案”を採用した格好。

 これまで芸人が番組の企画で改名したケースは何度かある。
 バカルディ→さまぁ~ず、海砂利水魚→くりぃむしちゅー、コアラ→ハッピハッピー。、おさる→モンキッキー→おさる……。

 結果は悲喜こもごもだが、1人だけ変えてもねえ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る