改名ブレーク狙う「千鳥」ノブ小池 “剛力案”不採用の吉凶

公開日: 更新日:

 かつて関西でレギュラー11本を抱える超売れっ子だったお笑いコンビの「千鳥」。「第2のブラマヨ」という触れ込みで昨年、東京進出を果たすもてんで売れず、改名に踏み切ることに――。

 19日放送の「ロンドンハーツ3時間SP」(テレビ朝日)で発表した。
 改名するのはコワモテ坊主の大悟ではない方。ノブ改め「ノブ小池」として活動するという。

 同番組の企画「有吉先生のマジ進路相談」で助言を求められた有吉弘行が、「(関西での)実績はあるんだから、あとはきっかけ。改名とか?」と指摘したのだが、本名は早川信行だ。

 なぜ小池なのか。過去に同番組内で、女性ゲストが芸人の個人名を当てるコーナーを放送。元ビーチバレー選手の浅尾美和が「小池さん」と呼んだのがきっかけだ。

 剛力彩芽からも「佐々木タケオさん?」と言われていた。で、浅尾の“案”を採用した格好。

 これまで芸人が番組の企画で改名したケースは何度かある。
 バカルディ→さまぁ~ず、海砂利水魚→くりぃむしちゅー、コアラ→ハッピハッピー。、おさる→モンキッキー→おさる……。

 結果は悲喜こもごもだが、1人だけ変えてもねえ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る