藤圭子「女のブルース」を歌い継ぐ一条聖矢「訃報は録音翌日」

公開日:  更新日:

 歌姫・藤圭子の自殺には日本中がビックリしたが、中でも驚いたのはこの人ではなかったか。歌手の一条聖矢(48)。彼女の代表曲「女のブルース」のカバーCDを計画し、まさにレコーディングし終えた翌日に訃報が飛び込んできたからだ。

「実は8月12日に一度歌入れは終わってました。しかし、どうしても納得のいかない部分が1カ所あって、21日に修正し、ようやくレコーディングが終了したのです。そこへ飛び込んできたのが『藤圭子さんが亡くなった』というニュース。関係者一同、本当にビックリでした」

 歌手生活は今年で15周年。1999年に「過ぎた日々に」でデビューしている。65年9月、東京生まれ。複雑な家庭環境に育ち、寂しい幼少期を過ごした。

 その寂しさを紛らすため、芸能界に憧れ、自ら「東京宝映」のオーディションに応募。見事合格し、「キャンパスリップ」「明星どんぶりくん」などのCMに出演するなど出足は順調だった。ドラマからも声が掛かり、「それゆけ!レッドビッキーズ」「透明ドリちゃん」「西遊記」などにも子役ながら出演を果たしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る