• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生い立ちから引退まで…宇多田ヒカルが知らない「藤圭子28歳」の素顔

<前川清との結婚、引退の真相…>

「二十八歳のときの藤圭子がどのように考え、どのような決断をしたのか。もしこの『流星ひとつ』を読むことがあったら、宇多田ヒカルは初めての藤圭子に出会うことができるかもしれない……。」

 作家の沢木耕太郎氏が、8月に自殺した藤圭子(享年62)へのロングインタビューで構成した長編ノンフィクション「流星ひとつ」を緊急出版。その赤裸々かつ衝撃的な内容が話題になっている。

 インタビューは1979年。藤は芸能界引退を発表した直後の28歳。沢木氏は31歳。ホテルニューオータニのバーを舞台に会話だけで構成されたこの本で藤は、自身の生い立ち、親子3人で錦糸町や浅草で流しをしながら日銭を稼いだ貧しき日々、下宿の2階からロープで脱出してまでデートした前川清との結婚と離婚。そして「あたしの、歌の、命まで切り取ることになっちゃったんだ」と、喉の手術が決定的な理由となり芸能界引退を決意したことまで、時に冗舌に、時に押し黙ったり、考え込んだりしながらも率直に語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る