20年ぶりステージ大成功も…桜田淳子「芸能界復帰」は道険し

公開日:  更新日:

 報道陣に加え、ファン、酔っぱらいのヤジ馬で100人を超える人だかり――。芸能活動休止中の桜田淳子(55)目当てに、26日の銀座博品館劇場裏は大騒ぎだった。

 今年でデビュー40年を迎えた桜田が、一夜限りの触れ込みでファンイベントを開催。表舞台に立つのは映画「お引越し」の舞台挨拶以来20年ぶりだ。1枚4200円(全席指定)のチケットがオークションサイトで20万円超まで高騰。当日駆けつけた約380人は、「3万9400円でヤフオクで競り落としました。一晩考えましたが、妻にはナイショのへそくりで……」(埼玉・春日部在住の54歳会社員)といった熱狂的なファンばかり。

“淳子歴37年”というクリス松村の姿もあった。「祝いの花は基本的にはお断りした」(関係者)というが、会場入り口には「花の中三トリオ」のひとり、森昌子からの花が飾られている。演出も心憎い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る