イヤイヤ上京、社長愛人と同居…前川清の破茶滅茶デビュー

公開日: 更新日:

【私の新人時代】前川清(65歳・歌手)

 僕の新人時代は少し変わっているかもしれません。夢に向かって頑張るような感じからは程遠かった。長崎のキャバレー「銀馬車」の専属バンドだったクール・ファイブにとって、東京でのデビューはイヤで仕方なかったんです。

■ディレクターにはケンカ腰でアタマにきたら殴って帰ろうと

 寝台特急さくらに乗って門司を出て下関に向かう頃、宮本君が、もうすっかり暗くなった車窓を見つめて「あぁ……九州を出ちゃう。後ろ髪を引かれるね」って言うから、「引かれる髪なんかないだろ」って笑ったのがすごく印象に残っていて。まぁ、それくらいみんな長崎を離れるのは苦痛でした。

 それは地元好きというより、メンバー……とくに佐世保の田舎者だった自分にとって、長崎市内でトップのグランドキャバレー専属というのが頂点でした。だから東京でのデビューといわれても、「何それ? 儲かるの?」という感じで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る