ラリー遠田イチ押し「三四郎」「シソンヌ」「あばれる君」の実力

公開日: 更新日:

 キンタロー。の大ブレークに始まり、ウーマンラッシュアワーの「THE MANZAI」優勝で幕を閉じた13年の若手お笑い界。テレビに出る中堅芸人の顔ぶれはほぼ固定され、下の世代の芸人にとっては厳しい状況が続いている。だが、来るべき次のお笑いブームに備えて、ライブで実力を磨き、着実に成長を続けている有望株は大勢いる!
 その中から厳選した漫才師、コント芸人、ピン芸人の計3組を紹介しよう。

 まずは漫才師の三四郎。研ぎ澄まされた言語感覚と型にとらわれない自由な発想力を生かして、予測不能の先鋭的な漫才を演じる。空気をつかんだときの爆発力では他の追随を許さない。深夜のバラエティー「ゴッドタン」(テレビ東京系)で「若手芸人が選ぶ天才芸人第1位」に選ばれ、小宮の虚勢を張るキャラが話題になるなど、業界内でも評価の高い2人。13年には初めて「THE MANZAI」認定漫才師にも選ばれた。漫才の枠を超えた次世代のスターになりうる逸材だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る