日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MANZAI初優勝 ウーマンラッシュアワーの前途多難

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」は、一気にブレークできるのか。15日に行われた漫才日本一決定戦「THE MANZAI2013」で初優勝を果たした。

 結成5年目、ボケの村本大輔(33)、ツッコミの中川パラダイス(32)のコンビで、1回目から3年連続で決勝に進んだ末の優勝だけに、実力が評価されたと言っていい。

 確かにお笑いの賞レースをきっかけに大ブレークした芸人はいる。
 例えば「キングオブコント」の昨年の覇者「バイきんぐ」は、優勝後に番組やCMなどの出演オファーが殺到。月9000円だった給料が最大で月200万円にまでアップし、アメ車や高級時計を購入したり、高級マンションに引っ越すことができたという。

 とはいえ、そう甘くはなさそうだ。
「最近は、芸人が集まってはしゃぐバラエティー番組ばかりで、じっくりネタを見せる番組がありません。テレビ局もインパクトのあるキャラや、一発ギャグを持っている分かりやすい芸人を使いたがる。作りこんだネタで勝負する実力派でも、フリートークがうまくないと生き残るのは厳しいですね」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事