• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大丈夫? 「いいとも!」打ち切りで大打撃を受ける吉本芸人たちの今後

 出演そのものがステータスだった。
「笑っていいとも!」(フジテレビ)の終了発表から一夜明けた23日、オープニングはいつもと変わらない光景でスタート。しかし、爆笑問題の太田光(48)が「ミスター、タモリ!」と紹介した後、「ちょっと待って! やめるって何ですか! 冗談じゃない、オレ聞いてないよ!」と詰め寄った。

「申し遅れました」と一礼したタモリに太田は「やっぱり息子の犯罪が(原因)?」とみのもんた次男逮捕に引っかけてボケるも、タモリは「オレ子どもいない……」。すると、パンサーの尾形貴弘(36)は「お願いします、やめないでください! お願いします!」と土下座。太田は「おまえには関係ない」と一蹴していたが、芸人にとって「いいとも終了」は死活問題ともいえる。

 現在のレギュラーメンバーはさまぁ~ずやバナナマンなど半分以上が芸人。その中の10人以上が吉本芸人だ。千原ジュニア、渡辺直美(月曜)、ハライチ沢部(火曜)、タカアンドトシ、パンサー(水曜)、ピース(木曜)、デニス(増刊号)。「テレフォンショッキング」に呼ばれたり、いいとものレギュラーに抜擢されたりして全国区になった芸人も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る