• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プーさん大好き早大生 男子初金メダリ スト羽生の“素顔”

 ジャンプでミスしながらも、史上最高点(101.45)を出したショートプログラムの「貯金」で逃げ切った羽生結弦。フィギュアスケートの日本人男子では初の金メダルを手にした。同時に、ソチ五輪における「日本の金なし危機」も救った。まだ19歳。4年後の平昌五輪では連覇がかかる。15日早朝(日本時間)の日本を沸かした若者の素顔に迫る。

■被災

 東日本大震災の時は仙台のリンクで練習していた。地震の恐怖から足が動かなくなり、はってリンク外へ。靴がみつからず、靴下のまま、半袖姿で自宅に戻ると電気、ガス、水道が通じなくなっており、避難所で4日間過ごした。
「水や食料を供給してもらって、たくさんの人に支えられていると実感した」(羽生)
 震災から約1カ月後には、神戸でチャリティー演技会を行い、選手が参加したチャリティーオークションや募金活動で約1270万円を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る