日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プーさん大好き早大生 男子初金メダリ スト羽生の“素顔”

 ジャンプでミスしながらも、史上最高点(101.45)を出したショートプログラムの「貯金」で逃げ切った羽生結弦。フィギュアスケートの日本人男子では初の金メダルを手にした。同時に、ソチ五輪における「日本の金なし危機」も救った。まだ19歳。4年後の平昌五輪では連覇がかかる。15日早朝(日本時間)の日本を沸かした若者の素顔に迫る。

■被災

 東日本大震災の時は仙台のリンクで練習していた。地震の恐怖から足が動かなくなり、はってリンク外へ。靴がみつからず、靴下のまま、半袖姿で自宅に戻ると電気、ガス、水道が通じなくなっており、避難所で4日間過ごした。
「水や食料を供給してもらって、たくさんの人に支えられていると実感した」(羽生)
 震災から約1カ月後には、神戸でチャリティー演技会を行い、選手が参加したチャリティーオークションや募金活動で約1270万円を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事