• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プーさん大好き早大生 男子初金メダリ スト羽生の“素顔”

 ジャンプでミスしながらも、史上最高点(101.45)を出したショートプログラムの「貯金」で逃げ切った羽生結弦。フィギュアスケートの日本人男子では初の金メダルを手にした。同時に、ソチ五輪における「日本の金なし危機」も救った。まだ19歳。4年後の平昌五輪では連覇がかかる。15日早朝(日本時間)の日本を沸かした若者の素顔に迫る。

■被災

 東日本大震災の時は仙台のリンクで練習していた。地震の恐怖から足が動かなくなり、はってリンク外へ。靴がみつからず、靴下のまま、半袖姿で自宅に戻ると電気、ガス、水道が通じなくなっており、避難所で4日間過ごした。
「水や食料を供給してもらって、たくさんの人に支えられていると実感した」(羽生)
 震災から約1カ月後には、神戸でチャリティー演技会を行い、選手が参加したチャリティーオークションや募金活動で約1270万円を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る