ANA、北野建設…ソチ羽生「金」で勢いづく“メダル銘柄”

公開日: 更新日:

 株式市場でソチ銘柄が盛り上がってきた。メダリストが所属する会社は例外なく上昇している。

「所属企業のイメージアップは間違いないし、メダリストの誕生は投資家心理に好影響を与えます。相場全体に活気をもたらしています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 ソチ開幕前日(2月6日)と、18日の株価を終値ベースで比較してみた。フィギュアの羽生結弦が所属するANAは6.2%上昇、ジャンプの葛西紀明の土屋ホーム(土屋ホールディングスの子会社)は1.6%の上昇だった。ノルディック複合(ノーマルヒル)で銀メダルを手にした渡部暁斗が所属する北野建設は10.6%上昇、JOCオフィシャルパートナーのデサントも11.1%上昇とパワー全開だ(別表参照)。

 15歳ながら銀メダルに輝いたスノボ(HP)の平野歩夢は米バートン社の所属。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る