「東京難民」佐々部清監督

公開日: 更新日:

 ごく普通の若者が父親の失踪を機に大学を除籍、賃貸マンションを追い出され、あっという間にホームレスへと転落していく。底の抜けた日本社会の今、落ちてきた者を食い物にする貧困ビジネスにも迫った本作は、大人も他人事ではない。佐々部清監督(56)に聞いた。

――借り主の権利を認めないゼロゼロ物件などが微細に描かれてますが、どこまで事実なのでしょうか?

「ほぼ全て、です。福澤徹三さんが原作を雑誌で発表されたのが2007年ですので、脚本家の青島武さんが新たに取材し、さらに震災後の社会情勢を反映させました。僕も撮影中は新宿で1DKを借りまして、ネットカフェといった場所を回ってみました。格差などの問題はTVのドキュメンタリーで見る程度だったんですが、実際に取材して、ここまで切羽詰まった状況なのかと驚くとともに、これはきちんと世に出すべきだと思ったのです。エンターテインメント作品なのですが、状況はリアルじゃなければならないと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る