2匹目の「半沢」狙い 唐沢寿明主演「池井戸ドラマ」の安直

公開日: 更新日:

 2匹目のドジョウはめったにいない。それが業界の定説だ。

 4月スタートのTBS日曜劇場で、またまた池井戸潤原作ドラマが放送される。「ルーズヴェルト・ゲーム」がそれで、脚本、プロデューサー、演出も、昨年40%超えの視聴率を取った「半沢直樹」と同じだ。

「当初、半沢はキムタク主演ドラマの“つなぎ”と見られていて、期待されていなかった。製作サイドも気負わず、やりたいことを好きにやろうという雰囲気で作れたし、視聴者にとっても、堺雅人の演技が新鮮だったからヒットしたともいえます。予想外のヒットだったんです。しかし、今回はまったく違う。ハードルが高いだけに心配ですね」(同局スタッフ)

 主演が唐沢寿明というのも、手堅いといえば手堅いが、新鮮味がないともいえる。共演も、檀れい江口洋介、山崎努、それに半沢にも出ていた石丸幹二など、豪華といえば豪華だが、これも新鮮味に欠ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る