2匹目の「半沢」狙い 唐沢寿明主演「池井戸ドラマ」の安直

公開日:  更新日:

 2匹目のドジョウはめったにいない。それが業界の定説だ。

 4月スタートのTBS日曜劇場で、またまた池井戸潤原作ドラマが放送される。「ルーズヴェルト・ゲーム」がそれで、脚本、プロデューサー、演出も、昨年40%超えの視聴率を取った「半沢直樹」と同じだ。

「当初、半沢はキムタク主演ドラマの“つなぎ”と見られていて、期待されていなかった。製作サイドも気負わず、やりたいことを好きにやろうという雰囲気で作れたし、視聴者にとっても、堺雅人の演技が新鮮だったからヒットしたともいえます。予想外のヒットだったんです。しかし、今回はまったく違う。ハードルが高いだけに心配ですね」(同局スタッフ)

 主演が唐沢寿明というのも、手堅いといえば手堅いが、新鮮味がないともいえる。共演も、檀れい、江口洋介、山崎努、それに半沢にも出ていた石丸幹二など、豪華といえば豪華だが、これも新鮮味に欠ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る