タモリの億単位の「穴」埋めた堺雅人&夏目三久の大躍進

公開日: 更新日:

 タモリの「笑っていいとも!」降板で一番、損害を被るのは所属事務所の田辺エージェンシーだ。

 タモリの「いいとも」のギャラは「1日200万円前後。年間で約5億円が事務所に入り、タモリの手取りはその半分ほど」(テレビ関係者)といわれている。

「かつては『いいとも』の裏番組のプロデューサーが田辺エージェンシーの幹部とすれ違いざまに“あんまり頑張りすぎるなよ”と声を掛けられたこともあるそうです。他局が視聴率でタモリを追い抜くと番組打ち切り説が流れるので、その牽制(けんせい)なのでしょう。『いいとも』が事務所の“米びつ”であることがよくわかります」(事情通)

 しかし、来年4月からはそれがゼロに。同プロには研ナオコや由紀さおり、永作博美らも長年所属しているが、タモリの穴を埋めるには不十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る