日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐村河内氏噴飯会見 「新垣氏訴える」に法律家「勝ち目なし」

 ようやく出てきた偽ベートーベンの佐村河内守氏。どんな謝罪をするのかと思ったら、長髪を切り、ヒゲを剃って、サングラスを外しただけ。口から出てきたのは弁明ばかり。そのうえで、真相を告白し、謝罪したゴースト作曲家の新垣隆氏を訴えるというのである。噴飯会見を法の専門家はどう見たか。

 7日、東京グランドホテルに集まった報道陣は約300人、テレビカメラは約50台。その中で佐村河内氏が力説したのは「新垣氏は嘘をついている」というものだ。

■新垣氏を激しく“口撃”

「雑誌では新垣氏が<もうこんなことはやめましょう>と何度も私に言ったと書かれていましたが、嘘です。そんなことを言ったことは1度しかなかった。月刊誌『新潮45』で(ゴースト疑惑を)書かれたときに、はっきり私に<こんなことはやめましょう>と言いましたが、そのときの1度だけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事