おすぎ似の声も…佐村河内氏「新垣さんを訴える」恨み節会見

公開日:  更新日:

 ニセ作曲家疑惑の渦中にある佐村河内守氏(50)が7日午前、都内のホテルで“釈明会見”を開いた。テレビカメラだけで50台。記者、スチールカメラマンを含めると300人を超える報道陣が詰め掛けた。欧米や中国など海外メディアの姿もあり、237平方メートルという広い会場はすし詰め状態だった。

 会場では事前に、横浜市による佐村河内氏の診断結果が配布された。そこには「感音性難聴だが、身体障害者福祉法に基づく聴覚障害者には該当しない」との内容が記されていた。

 会見は11時5分にスタート。佐村河内氏は髪をバッサリ切り、サングラスを外して登場。ヒゲも剃っていたため、まったく別人に見え、報道陣からざわめきが起きた。ネット上では直後から「おすぎにソックリ!?」の声が相次いだが、さらに驚いたことには手話通訳を伴っていた。


 冒頭で関係者の実名を挙げて深々と頭をさげて謝罪を繰り返した。その中にはフィギュアの高橋大輔の名もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る