日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おすぎ似の声も…佐村河内氏「新垣さんを訴える」恨み節会見

 ニセ作曲家疑惑の渦中にある佐村河内守氏(50)が7日午前、都内のホテルで“釈明会見”を開いた。テレビカメラだけで50台。記者、スチールカメラマンを含めると300人を超える報道陣が詰め掛けた。欧米や中国など海外メディアの姿もあり、237平方メートルという広い会場はすし詰め状態だった。

 会場では事前に、横浜市による佐村河内氏の診断結果が配布された。そこには「感音性難聴だが、身体障害者福祉法に基づく聴覚障害者には該当しない」との内容が記されていた。

 会見は11時5分にスタート。佐村河内氏は髪をバッサリ切り、サングラスを外して登場。ヒゲも剃っていたため、まったく別人に見え、報道陣からざわめきが起きた。ネット上では直後から「おすぎにソックリ!?」の声が相次いだが、さらに驚いたことには手話通訳を伴っていた。


 冒頭で関係者の実名を挙げて深々と頭をさげて謝罪を繰り返した。その中にはフィギュアの高橋大輔の名もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事