• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

詐欺の疑いも…佐村河内氏が手にした「障害年金」の受給額

 曲ばかりか、失ったはずの聴力も“偽装”だった疑いが出てきた。そうなると、佐村河内守(50)は障害年金の詐欺で実刑の可能性もある。

 12日深夜、「3年前くらいから言葉が聞き取れるときもあった」と聴力の回復を認める告白をした佐村河内。ゴースト作曲家の新垣隆氏(43)の「最初から耳が聞こえていた」という証言を否定するものだ。いずれにせよ、一部聞き取れたのであれば、「両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの」(高架下の電車の音が聞こえない)という聴覚障害者2級の基準をクリアしない。40センチ以内の会話が聞こえたのなら3級で、つまり、佐村河内は少なくとも3年間は、障害年金を余分に不正受給していたことになる。

 今回の佐村河内の告白を受け、障害者手帳を交付する横浜市は事実関係を調査する方針だ。同市の担当者がこう言う。
「障害認定の開始日や期間は、個人情報のため教えられない。ただ、一般論として、聴力は症状が悪化することはあっても、良くなるケースはほとんどありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る