詐欺の疑いも…佐村河内氏が手にした「障害年金」の受給額

公開日: 更新日:

 曲ばかりか、失ったはずの聴力も“偽装”だった疑いが出てきた。そうなると、佐村河内守(50)は障害年金の詐欺で実刑の可能性もある。

 12日深夜、「3年前くらいから言葉が聞き取れるときもあった」と聴力の回復を認める告白をした佐村河内。ゴースト作曲家の新垣隆氏(43)の「最初から耳が聞こえていた」という証言を否定するものだ。いずれにせよ、一部聞き取れたのであれば、「両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの」(高架下の電車の音が聞こえない)という聴覚障害者2級の基準をクリアしない。40センチ以内の会話が聞こえたのなら3級で、つまり、佐村河内は少なくとも3年間は、障害年金を余分に不正受給していたことになる。

 今回の佐村河内の告白を受け、障害者手帳を交付する横浜市は事実関係を調査する方針だ。同市の担当者がこう言う。
「障害認定の開始日や期間は、個人情報のため教えられない。ただ、一般論として、聴力は症状が悪化することはあっても、良くなるケースはほとんどありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る