詐欺の疑いも…佐村河内氏が手にした「障害年金」の受給額

公開日:  更新日:

 曲ばかりか、失ったはずの聴力も“偽装”だった疑いが出てきた。そうなると、佐村河内守(50)は障害年金の詐欺で実刑の可能性もある。

 12日深夜、「3年前くらいから言葉が聞き取れるときもあった」と聴力の回復を認める告白をした佐村河内。ゴースト作曲家の新垣隆氏(43)の「最初から耳が聞こえていた」という証言を否定するものだ。いずれにせよ、一部聞き取れたのであれば、「両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの」(高架下の電車の音が聞こえない)という聴覚障害者2級の基準をクリアしない。40センチ以内の会話が聞こえたのなら3級で、つまり、佐村河内は少なくとも3年間は、障害年金を余分に不正受給していたことになる。

 今回の佐村河内の告白を受け、障害者手帳を交付する横浜市は事実関係を調査する方針だ。同市の担当者がこう言う。
「障害認定の開始日や期間は、個人情報のため教えられない。ただ、一般論として、聴力は症状が悪化することはあっても、良くなるケースはほとんどありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る