「世良公則&ツイスト」ふとがね金太 人気ナレーターだった

公開日: 更新日:

 77年リリースのデビュー曲「あんたのバラード」をはじめ、「宿無し」「銃爪(ひきがね)」「燃えろいい女」「性(サガ)」などヒットを連発したロックバンド「世良公則&ツイスト」。81年に解散して33年、世良はソロで活躍中だが、リーダー兼ドラムのふとがね金太さん(58)は今どうしているのか。

「きょうは12月に生まれた孫娘のお宮参りだったんです。子供は3人、孫は他に小3、小1、年長サンと3人いましてね。どの子も可愛くて可愛くて、困っちゃいます、ハハハ」

■一昨年、35周年記念CDリリース

 新宿駅西口のカフェで会ったふとがねさん、こう言って相好を崩した。
「音楽活動? もちろん、現役ですよ。ゴダイゴの浅野孝巳さん、ハウンド・ドッグの鮫島秀樹さん、サザンオールスターズの松田弘さんたちと『Forever 50』って70年代テイストがムンムンのロックユニットを組み、浅野さんとはアコースティックギターコンビ『菴羅(あんら)』をつくり、国内はもちろん、タイのバンコクでもライブをやってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る