「世良公則&ツイスト」ふとがね金太 人気ナレーターだった

公開日:  更新日:

 77年リリースのデビュー曲「あんたのバラード」をはじめ、「宿無し」「銃爪(ひきがね)」「燃えろいい女」「性(サガ)」などヒットを連発したロックバンド「世良公則&ツイスト」。81年に解散して33年、世良はソロで活躍中だが、リーダー兼ドラムのふとがね金太さん(58)は今どうしているのか。

「きょうは12月に生まれた孫娘のお宮参りだったんです。子供は3人、孫は他に小3、小1、年長サンと3人いましてね。どの子も可愛くて可愛くて、困っちゃいます、ハハハ」

■一昨年、35周年記念CDリリース

 新宿駅西口のカフェで会ったふとがねさん、こう言って相好を崩した。
「音楽活動? もちろん、現役ですよ。ゴダイゴの浅野孝巳さん、ハウンド・ドッグの鮫島秀樹さん、サザンオールスターズの松田弘さんたちと『Forever 50』って70年代テイストがムンムンのロックユニットを組み、浅野さんとはアコースティックギターコンビ『菴羅(あんら)』をつくり、国内はもちろん、タイのバンコクでもライブをやってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る