「世良公則&ツイスト」ふとがね金太 人気ナレーターだった

公開日: 更新日:

 おいおい、名だたる一流企業ばかりじゃないか。ふとがねさん、売れっ子ナレーターだったのだ。
「いやいや。15秒間のナレーションは2時間の朗読より難しい。まだまだ学ぶことだらけです」

 さて、81年にツイスト解散後はソロミュージシャンに転向したふとがねさんは、90年代からは日本企業が続々と進出し始めたタイでプロデュース業をスタート。かの地の人気男性アイドル「LEOPUT」に楽曲を提供するなどした。

 また、ナレーターと同時に俳優としても活動している。
「明日から20日まで築地本願寺のブディストホールである水島涼太主演の舞台『走馬灯』(劇団未成年)に友情出演します。下町を背景に笑いあり、涙ありの人情ドラマ。ぜひお越し下さい」

 最後に「実はワタシ、本当はギターしか弾けず、ドラムは叩けなかった。テレビ出演が決まり、スティックさばきを2週間の付け焼き刃で身につけましてね。そこで初めて“ドラマー・ふとがね金太”が誕生しました」と衝撃の告白があったツイストの再結成は?
「ファンの方々からも復活を望む声が多いとは聞いてます。しかし、こればかりは独断じゃ決められない。他のメンバー次第ですね」

 都内のマンションに夫人と2人暮らしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  5. 5

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る