日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笑いが止まらぬ海老蔵…ブログに続き「自主興行」でボロ儲け

 今やブログの帝王と呼ばれているのが歌舞伎役者の市川海老蔵(36)である。アメブロでは芸能人アクセス1位を獲得し、先日は運営会社のアメーバが初代「MVB(モスト・バリュアブル・ブロガー)」に認定。同社のCMにも出演している。

 4月26日に営まれた父・市川団十郎の一周忌法要の際はなんと日に29回も更新。ブログはアクセス数に応じて収入を得られるため、「月間で300万円以上稼いでいる」(IT関係者)ともっぱらだ。

 西麻布事件も今は昔。
「特に長男が生まれてからは泥酔するまで飲むこともないし、生活に落ち着きが出てきた」(松竹関係者)という声も上がる海老蔵。日常の出来事にコメントを添えるだけでカネが儲かるのだから、笑いが止まらないはずだが、実はもうひとつ、海老蔵がご機嫌な理由があるという。松竹の興行とは別に行っている自主興行が大当たりしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事