• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相次ぐテレビ出演、エール続々…細川ふみえ“復帰”の真相

 細川ふみえ(42)が2度もテレビ出演して話題になっている。7年間、公の場には登場しなかったが、事実上“復帰”した形だ。

 テレビ出演は最初が3月16日の「サンデージャポン」(TBS系)、2回目は今月1日放送「櫻井有吉アブナイ夜会」(同)。細川が姿を消していたのは当時、交際していた不動産会社社長とサイパンで極秘挙式したことを週刊誌にすっぱ抜かれ、しかも、その相手が妻帯者ということで重婚疑惑、略奪婚だと報じられ、バッシングを受けたためだ。

 細川は「サンジャポ」では「挙式のようなことをしたのは事実です。結婚はしていません」と釈明。その後、不動産会社の社長と結婚し、1男をもうけたが、夫の会社が倒産。「おまえが働いて借金返済しろ」という嫌がらせの電話がフーミンの携帯にかかり、考えた末に09年に離婚し、母子の生活をスタートさせた。借金を抱えた夫からは慰謝料を一円ももらえず、世間の好奇の目から逃れるためにママ友も作らず、細川は2人きりの生活を送ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る