ドラマ主演に歌手復帰も…中山美穂“昔の名前”の商品価値

公開日:  更新日:

「やめてもらえますか!」

 10日、生活拠点のあるパリから羽田空港に帰国した中山美穂(44)は、詰め掛けた報道陣の質問攻めにこうブチ切れた。

 作家でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚協議中の中山。今回の帰国はNHK BSプレミアムの主演ドラマ「プラトニック」(5月25日スタート)の撮影のためで、長男(10)も同行。これから2カ月、日本に滞在するという。

「撮影のための帰国ですが、この間に辻氏との離婚協議も決着をつけたい。ただ、辻氏も息子の親権については譲らない構えなので長期化するかもしれません」(芸能関係者)

■離婚後は日本にUターン?

 今回のドラマで演じる役柄はくしくもシングルマザー。プライベートでもそうなるのは時間の問題だが、今後はパリから日本に戻って芸能活動を再開するのか。別の芸能関係者がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る