• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白登竜門に続々出演 雨後のタケノコ「○○系演歌歌手」

 古くは、「E7系」「W7系」など鉄道オタクに使われていた○○系という言葉、その後、AKBの「アキバ系」、今どきの男女を表す「草食系男子」「肉食系女子」などを経て、最近は演歌業界に異変をもたらせているというから驚きだ。今年に入り、異色の○○系演歌歌手と呼ばれる新人、中堅演歌歌手が、続々とNHK歌謡コンサートに出演しているという。

「NHK歌謡コンサートといえば、出演後にはCD注文が殺到、“紅白歌合戦の登竜門”とも呼ばれていて、演歌歌手にとっては憧れの舞台です。ここにまず登場したのが花咲ゆき美(32)。昨年、インストアライブでお客の膝元で寝るということで“睡眠系”などと話題になった彼女が今年1月28日に出演したのです」(音楽関係者)

 今後は渋谷系ファッションでギャルとコラボレーションし話題になった“渋谷系演歌プリンス”の松尾雄史(22)も5月20日に出演する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る