紅白登竜門に続々出演 雨後のタケノコ「○○系演歌歌手」

公開日: 更新日:

 古くは、「E7系」「W7系」など鉄道オタクに使われていた○○系という言葉、その後、AKBの「アキバ系」、今どきの男女を表す「草食系男子」「肉食系女子」などを経て、最近は演歌業界に異変をもたらせているというから驚きだ。今年に入り、異色の○○系演歌歌手と呼ばれる新人、中堅演歌歌手が、続々とNHK歌謡コンサートに出演しているという。

「NHK歌謡コンサートといえば、出演後にはCD注文が殺到、“紅白歌合戦の登竜門”とも呼ばれていて、演歌歌手にとっては憧れの舞台です。ここにまず登場したのが花咲ゆき美(32)。昨年、インストアライブでお客の膝元で寝るということで“睡眠系”などと話題になった彼女が今年1月28日に出演したのです」(音楽関係者)

 今後は渋谷系ファッションでギャルとコラボレーションし話題になった“渋谷系演歌プリンス”の松尾雄史(22)も5月20日に出演する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る