紅白登竜門に続々出演 雨後のタケノコ「○○系演歌歌手」

公開日:  更新日:

 古くは、「E7系」「W7系」など鉄道オタクに使われていた○○系という言葉、その後、AKBの「アキバ系」、今どきの男女を表す「草食系男子」「肉食系女子」などを経て、最近は演歌業界に異変をもたらせているというから驚きだ。今年に入り、異色の○○系演歌歌手と呼ばれる新人、中堅演歌歌手が、続々とNHK歌謡コンサートに出演しているという。

「NHK歌謡コンサートといえば、出演後にはCD注文が殺到、“紅白歌合戦の登竜門”とも呼ばれていて、演歌歌手にとっては憧れの舞台です。ここにまず登場したのが花咲ゆき美(32)。昨年、インストアライブでお客の膝元で寝るということで“睡眠系”などと話題になった彼女が今年1月28日に出演したのです」(音楽関係者)

 今後は渋谷系ファッションでギャルとコラボレーションし話題になった“渋谷系演歌プリンス”の松尾雄史(22)も5月20日に出演する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る