• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また変り種「ロック出身」「中大卒」アラ50演歌歌手デビュー

 つくづく、いろんな人生があるもんだ。ロック出身の演歌歌手が誕生した。3月5日、「酒よおまえは」でメジャーデビューしたまつざき幸介(49)は高校時代、レッド・ツェッペリンに刺激を受け、ロックバンドを結成。中央大学に進学後も、卒業して父親の設計事務所に入社してからもアマチュアとしてジャカジャカやっていた。

 転機となったのは35歳の時。近所にカラオケボックスができたのをきっかけに年間50回のペースで大会に出場、数々の賞を受けるうち、演歌のよさに気づいたという。

「歌手を目指していろいろありましたが、35年目にしてようやくメジャーデビューできました。感無量です」(本人)

 人気者になったら、隠し芸に困ることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る