なぜこの時期? 安倍なつみが「6年ぶりアルバム」の裏事情

公開日: 更新日:

「安倍さんの所属するアップフロントクリエイトには、モーニング娘。の元メンバーら多くのミュージシャンが所属していますが、音楽業界全体が冷え込んでいることに加え、タレントとして活躍していた矢口真里が去年、不倫、離婚で活動休止に陥るなど、モー娘。をはじめとするハロー!プロジェクトのメンバーのタレント活動も苦しい状況にある。安倍さんが頑張るしかないんです」

■舞台では熱心に活動も…

 もっとも、「そんなに驚くことはない」という声もある。安倍はCDこそ出してこなかったが、単独コンサートをずっと継続していたのだ。一昨年は6月と8月に東京・渋谷で歌い、昨年は3月に3都市で8公演を行った。数こそ少ないが、歌手としての活動を休止していたわけではない。歌手としての安倍に対する、ファンの渇望感は少ないだろう。


 代わりに、メーンの活動の場だったのは舞台。一昨年は朗読劇「私の頭の中の消しゴム」など3本、昨年はミュージカル「ドラキュラ」など4本、この2~3月は「Paco~パコと魔法の絵本~from『ガマ王子VS.ザリガニ魔人』」の舞台に立つなど、熱心に活動している。

 舞台で共演した5歳下の俳優・山崎育三郎との交際報道もあった。しかし、山崎の当時の所属事務所がこの2月に破産し、山崎はその後、移籍した。そのため、交際が続いていたとしてもすぐに結婚はできないだろう。安倍はもうしばらく、仕事に邁進(まいしん)するしかないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

もっと見る