ともさかりえ 「花子とアン」の意地悪役は地の性格なのか

公開日:  更新日:

 人気の朝ドラ「花子とアン」で意地悪そうなオンナ教師・富山タキを好演している女優ともさかりえ(34)。花子(吉高由里子)の失敗をブラックバーン校長に告げ口するシーンなど、「地の性格がそのまま出ているのか」と勘違いされるほどだ。

「キャストが発表された会見では“英語のセリフが多いので、まるで受験勉強のよう”と語り、笑いを取っていました。ちょっと前には同じくNHKの『祝女』で、コメディエンヌぶりを見事に開花させていた。4年前には映画『ちょんまげぷりん』で報知映画賞の助演女優賞に輝いている。押しも押されもせぬ“演技派”です」(テレビ誌記者)

 芸歴すでに23年。12歳からこの世界で活躍している。しかし、決して順風満帆だったわけではない。10代の後半、女優同士の人間関係から拒食症や栄養失調になったことを後に告白している。さらに、03年に結婚した俳優・河原雅彦と、08年には離婚も経験している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る