ともさかりえ 「花子とアン」の意地悪役は地の性格なのか

公開日: 更新日:

 人気の朝ドラ「花子とアン」で意地悪そうなオンナ教師・富山タキを好演している女優ともさかりえ(34)。花子(吉高由里子)の失敗をブラックバーン校長に告げ口するシーンなど、「地の性格がそのまま出ているのか」と勘違いされるほどだ。

「キャストが発表された会見では“英語のセリフが多いので、まるで受験勉強のよう”と語り、笑いを取っていました。ちょっと前には同じくNHKの『祝女』で、コメディエンヌぶりを見事に開花させていた。4年前には映画『ちょんまげぷりん』で報知映画賞の助演女優賞に輝いている。押しも押されもせぬ“演技派”です」(テレビ誌記者)

 芸歴すでに23年。12歳からこの世界で活躍している。しかし、決して順風満帆だったわけではない。10代の後半、女優同士の人間関係から拒食症や栄養失調になったことを後に告白している。さらに、03年に結婚した俳優・河原雅彦と、08年には離婚も経験している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  7. 7

    安倍首相と小池都知事がリーダーだと頭が混乱してしまう

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る