• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ともさかりえ 「花子とアン」の意地悪役は地の性格なのか

 人気の朝ドラ「花子とアン」で意地悪そうなオンナ教師・富山タキを好演している女優ともさかりえ(34)。花子(吉高由里子)の失敗をブラックバーン校長に告げ口するシーンなど、「地の性格がそのまま出ているのか」と勘違いされるほどだ。

「キャストが発表された会見では“英語のセリフが多いので、まるで受験勉強のよう”と語り、笑いを取っていました。ちょっと前には同じくNHKの『祝女』で、コメディエンヌぶりを見事に開花させていた。4年前には映画『ちょんまげぷりん』で報知映画賞の助演女優賞に輝いている。押しも押されもせぬ“演技派”です」(テレビ誌記者)

 芸歴すでに23年。12歳からこの世界で活躍している。しかし、決して順風満帆だったわけではない。10代の後半、女優同士の人間関係から拒食症や栄養失調になったことを後に告白している。さらに、03年に結婚した俳優・河原雅彦と、08年には離婚も経験している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る