「花子とアン」で異彩 仲間由紀恵の“玉ネギ頭”は地毛だった

公開日: 更新日:

 視聴率24%超をマーク。今期のNHK朝ドラ「花子とアン」が、「あまちゃん」「ごちそうさん」を上回る好調な滑り出しをみせている。

 第4週からは、吉高由里子(25)演じるヒロイン・はなの生涯の友となる葉山蓮子が登場。物語のキーパーソンとなる役を仲間由紀恵(34)が演じているのだが、とにかく目を奪われるのがドデカイ髪形。黒柳徹子も上回る大きな玉ネギ頭で、異彩を放ちまくっている。

 これ、束髪(そくはつ)と呼ばれるヘアスタイルで、「明治時代に上流階級の女性の間でアンチ日本髪として流行したもの。芸者から紆余曲折を経て女優になった川上貞奴が舞台映えすると結い出して取り沙汰され、やがてかぶり物のようにボリュームのある『庇髪(ひさしがみ)』の前身となりました。劇中の仲間さんの髪形は多少大げさな気がしますが、実在したモデルのイメージを忠実に再現した正しいデフォルメといえるでしょう」(近世史研究家の髙山宗東氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る