• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“肉食女子”の本領発揮? 山岸舞彩に浮上した「略奪愛」疑惑

アイスホッケー選手と「深夜キス」報道

「コレは本当にまずいかもしれない」と、日本テレビ関係者が真顔でそうぼやく。
 コレとは発売中の「週刊文春」のこと。日テレ「NEWS ZERO」でキャスターを務めている山岸舞彩(27)の熱愛を、<本命アスリートとの「深夜キス&抱擁1時間」撮った!>とスクープしている。

 山岸は5月22日の夜、知名度の低いプロアイスホッケー選手、菊池秀治(27)と車中で激しいキス。その時、2人の距離は“ZERO”だったんだとか。菊池はマッチョなイケメンらしいが、マイナー選手はどうでもいい。問題は山岸だ。

「ただの熱愛だったらまだしも、“略奪愛”とささやかれているんです。ある女性タレントが昨年末の深夜番組で<有名女性に彼氏を奪われた>と告白し、ネット上では大騒ぎになった。告白した女性タレントは、菊池の大学時代の後輩で元カノともっぱら。そのうえ、かつて所属していた事務所の先輩が山岸で、山岸も女性タレントをかわいがっていたそうです。いまは2人とも別の事務所に移籍しましたが、事実とすれば、山岸は後輩のオトコを無理やり奪ったことになる。不倫じゃないにしても、イメージが悪すぎますよ」(前出の日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る