“肉食女子”の本領発揮? 山岸舞彩に浮上した「略奪愛」疑惑

公開日: 更新日:

アイスホッケー選手と「深夜キス」報道

「コレは本当にまずいかもしれない」と、日本テレビ関係者が真顔でそうぼやく。
 コレとは発売中の「週刊文春」のこと。日テレ「NEWS ZERO」でキャスターを務めている山岸舞彩(27)の熱愛を、<本命アスリートとの「深夜キス&抱擁1時間」撮った!>とスクープしている。

 山岸は5月22日の夜、知名度の低いプロアイスホッケー選手、菊池秀治(27)と車中で激しいキス。その時、2人の距離は“ZERO”だったんだとか。菊池はマッチョなイケメンらしいが、マイナー選手はどうでもいい。問題は山岸だ。

「ただの熱愛だったらまだしも、“略奪愛”とささやかれているんです。ある女性タレントが昨年末の深夜番組で<有名女性に彼氏を奪われた>と告白し、ネット上では大騒ぎになった。告白した女性タレントは、菊池の大学時代の後輩で元カノともっぱら。そのうえ、かつて所属していた事務所の先輩が山岸で、山岸も女性タレントをかわいがっていたそうです。いまは2人とも別の事務所に移籍しましたが、事実とすれば、山岸は後輩のオトコを無理やり奪ったことになる。不倫じゃないにしても、イメージが悪すぎますよ」(前出の日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る