日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本人と間違えられ」…リトル清原が語る長嶋伝説と貧乏秘話

 テレビに出始めたのは14年ほど前。もともと清原さんのファンだけど、清原さんが巨人に入ったあたりからだんだん僕に似てきた(笑い)。会う人全員に「似てる」と言われ、ソックリさんの番組に出たのがデビューのきっかけ。

 シロートだから何もわからず誘われるままに事務所に入ったら、テレビのギャラは1万とか安くて。所属してた3~4年、営業をまったく入れてくれなかったんですよ。僕は1万~2万円のステージでもやりたかったけど断ってたみたい。だから金はなく、リサイクルショップでバイトしてました。エアコンなら買い取りに行って取り外し、掃除して取り付けに行く。東京電機大学を出てるので電気は大好きなんです。

「そろそろ引退してちゃんと就職しないと」って思い、事務所を辞めたとたん、モノマネ仲間や一般の知人から「フリーになったの? じゃあ2万で来てくれる?」と会社のパーティーや店のショーなど仕事がいっぱい来た。2万~3万円のステージですけど、リサイクルショップでは8時間働いて1万くらいだったので、パーティーでネタやっただけで2万もらえたらうれしいですよ。おかげで事務所辞めたらバイトもせずモノマネ一本で食えるようになりました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事