「本人と間違えられ」…リトル清原が語る長嶋伝説と貧乏秘話

公開日:  更新日:

 テレビに出始めたのは14年ほど前。もともと清原さんのファンだけど、清原さんが巨人に入ったあたりからだんだん僕に似てきた(笑い)。会う人全員に「似てる」と言われ、ソックリさんの番組に出たのがデビューのきっかけ。

 シロートだから何もわからず誘われるままに事務所に入ったら、テレビのギャラは1万とか安くて。所属してた3~4年、営業をまったく入れてくれなかったんですよ。僕は1万~2万円のステージでもやりたかったけど断ってたみたい。だから金はなく、リサイクルショップでバイトしてました。エアコンなら買い取りに行って取り外し、掃除して取り付けに行く。東京電機大学を出てるので電気は大好きなんです。

「そろそろ引退してちゃんと就職しないと」って思い、事務所を辞めたとたん、モノマネ仲間や一般の知人から「フリーになったの? じゃあ2万で来てくれる?」と会社のパーティーや店のショーなど仕事がいっぱい来た。2万~3万円のステージですけど、リサイクルショップでは8時間働いて1万くらいだったので、パーティーでネタやっただけで2万もらえたらうれしいですよ。おかげで事務所辞めたらバイトもせずモノマネ一本で食えるようになりました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る