• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本人と間違えられ」…リトル清原が語る長嶋伝説と貧乏秘話

 テレビに出始めたのは14年ほど前。もともと清原さんのファンだけど、清原さんが巨人に入ったあたりからだんだん僕に似てきた(笑い)。会う人全員に「似てる」と言われ、ソックリさんの番組に出たのがデビューのきっかけ。

 シロートだから何もわからず誘われるままに事務所に入ったら、テレビのギャラは1万とか安くて。所属してた3~4年、営業をまったく入れてくれなかったんですよ。僕は1万~2万円のステージでもやりたかったけど断ってたみたい。だから金はなく、リサイクルショップでバイトしてました。エアコンなら買い取りに行って取り外し、掃除して取り付けに行く。東京電機大学を出てるので電気は大好きなんです。

「そろそろ引退してちゃんと就職しないと」って思い、事務所を辞めたとたん、モノマネ仲間や一般の知人から「フリーになったの? じゃあ2万で来てくれる?」と会社のパーティーや店のショーなど仕事がいっぱい来た。2万~3万円のステージですけど、リサイクルショップでは8時間働いて1万くらいだったので、パーティーでネタやっただけで2万もらえたらうれしいですよ。おかげで事務所辞めたらバイトもせずモノマネ一本で食えるようになりました(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る