• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一晩ドンペリ14本 清原の異常キャバクラ豪遊「秘蔵写真」

 先月の「緊急入院」に端を発する清原和博(46)の騒動。週刊文春は「覚醒剤などの薬物使用」が原因と書き、清原の所属事務所は「糖尿病治療のため」と反論している。確かなのは、清原が加療を必要とする状態だということだ。09年にも一度、病院に緊急搬送されている清原は、腎臓に持病を抱えているといわれる。

 原因は、クスリでなければ、酒だろう。08年に引退した直後に出演したテレビ番組で、「今までで一晩に飲み屋で使った最高額は500万円や。ドラム缶2本分は飲んだったわ」と豪語していたが、あながち大げさではない。「夜の三冠王」と揶揄(やゆ)された西武時代はもちろん、巨人時代にもこんなことがあった――。

■「おまえを1日でナンバーワンにしたる」

 キャンプの練習休日前夜、マネジャーとおぼしき男性と2人で宮崎市内のキャバクラに現れた清原は、横に座ったホステスに“一目ぼれ”。「おまえをきょう1日で店のナンバーワンにしたる」と言って、飲んだドンペリが白8本にロゼ3本の計11本。1時間6000円でハウスボトルが飲み放題という庶民的なこの店で、「たった3時間いて六十数万円を使ったのは後にも先にも清原さんただひとり」(当時の店の関係者)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る